こんにちは。

英語絵本x超・読み聞かせで、賢く優しい子を育てる
ママ英語講座を開催しています。

IBEA認定講師 ママ英語メンターの
宮川 麻衣子です。

タイトル買いしてしまいました。

プレジデントFamily
2021秋号
決定版!賢い子になる本棚

ママ英語講座は
英語絵本の読み聞かせ講座なので
絵本のことや、本棚のことなども話題に上がります。

この雑誌を読んで
本棚を整理すべく片付け熱が上がりました~!

今回のタイトル、
「英語力を支える力」ってなんだと思いますか?

私は、
大前提として自分に伝えたいことがあること、
そしてそれを言語化する力だと思います。

「物事を深く考えて、それを言葉で伝える。」

これって日本では
なかなか育ちにくくないですか。

学校の勉強にはいつも「正しい答え」があって
自分の回答に〇✖がつけられる。

自分の意見を言うと
「そんなこと言うんじゃありません」と言われる。
(ひどい時は「生意気だ」と怒鳴られる)

先生や大人の望む答えを
なんとなく推測して答えるようになる。

そんなこんなで、空気を読んで発言するようになる。

↑全て私の個人的な経験です。

そんな状態で、
25歳でアメリカに留学した私。

アメリカでは
「マイコ、あなたはどう思うの?」っていつもいつも聞かれて
「う~ん、私はどう思ってるっけ?」って
ベールにぐるぐるって包んだ自分の考えを
掘り起こすのが本当に大変でした。

自分の考えがあっても
発言すること自体が恥ずかしくて
クラスではなかなか手を挙げられなくて。

留年しそうになって
ようやく必死になりました。

英語が流暢とか
発音がきれいとか
相手が私に求めているのは
そういうことじゃないんだな、と実感しました。

自分の意見をもつこと。
それを言葉で伝えること。

それって私が受けた日本の教育では、
ほとんど重視されていなかった気がします。

今はどうなんでしょう。

私は、
少なくとも家庭では
自分の意見を言葉で伝えることを
よしとする環境を作りたいと思っています。

読書は
あらゆる面でいいですよね。

ママ英語講座では
日本語も英語も大事にしながら
教養や思考力を積み上げていく方法を
ご紹介しています 🙂

無料相談もありますので、
こどもの教育や講座内容についてなど
お問合せくださいね。

コメントを残す

おすすめの記事