こんにちは。

英語絵本x超・読み聞かせで、賢く優しい子を育てる
ママ英語講座を開催しています。

IBEA認定講師 ママ英語メンターの
宮川 麻衣子です。

 

「子供に英語を」と思う理由

「子供には、自然に英語に触れる環境を作ってあげたい」

そんな思いから、お家でゆるくできる

英語絵本の読み聞かせを続けている我が家です。

 

最近、「その先にどんな思いがあったっけ」とぼんやり考えていました。

皆さん、「子供に英語を」と思うのは、どんな理由からでしょう。

 
未来の選択肢を増やしてあげたい。
世界で活躍する子になってほしい。
いろいろな機会をあげたい。
幸せになってほしい。

いろんな考えがあると思います。
 
私自身がたどり着いたのは、びっくりするくらいシンプルな思いでした。

こどもに、自由でいてほしい。

お金や場所、社会システムなど、いろんなものから自由でいてほしいなと思ったんです。

私にとっての自由とは?

そこからまた疑問が湧きました。

じゃあ、「自由」ってなんだろう。

 

自由って、人それぞれですよね。

お金がたくさんあって、経済的不安を感じないことを自由と感じるかもしれない。

誰にも気にせず時間が使えることかもしれない。

 

「私の感じる自由ってなんだろう?」と自分の中を探ってみました。

そしたらね、こちらもまた、とてもシンプルなことだったんです。
 
私の思う自由って、自分自身でいることに安心できて、

自分が言いたいことを言ったり、やりたいことをできること。
 
誰かに合わせたり、やらなきゃいけないからやるんじゃなくて、

「自分が選んでやっている」という感覚をもっていられるときに

私はすごく自由を感じるんです。

 

逆に言うと今まであまり、自由を感じられませんでした。

いつからか、周囲の期待を満たすために行動したり、行動しなきゃと思ったり。

結婚して子供ができると「子供のため、家族のため」が第一にありました。

それが幸せという人も、もちろんいると思うんです。

ただ私の場合は、適度に自由を感じることも

子供や家族と同じくらい大事なことなんです。

英語であっても、なくてもいい。

英語を話せたら、自由になれるのか?

ぶっちゃけて言うと、そういうものでもないと思います。

もちろん選択肢が増えたり世界が広がったりはします。

ただ、私の思う自由はもっと内面的な「心の在り方」みたいなものなんです。

 

みんなが驚くようなすごい資格や学歴、職歴は、社会的信頼に繋がります。

社会から尊敬されて、周囲の期待値を満たすことはできると思うんです。

でもそれは、自分が自分を認められるかということとは、また別の話です。

 

私が目指すのは、

私と繋がってくれた方が、自分自身に安心できるようになること。

言いたいことを言ったり、

やりたいことができて、心から自由を感じられこと なんです。

そしてそれが、英語も然り、いろんな学びや人生の土台になるんだと思います。

ここがしっかりできれば、どこにいても生きていけます。

子供にもその在り方を伝えていけます!太鼓判です!

 

私が開講するママ英語講座は、今は英語に寄せていますが、

これからもっともっと心に寄り添ったプログラムを作っていきたいと思っています☺

楽しみにしていてくださいね!

 

「子供に英語を」と思ったとき、なんで英語なのかな?

子供にどんな風になってほしいのかな?ってちょっと考えてみてくださいね。

自分が子供の教育で本当に大事だと思うことがはっきりしてくると

習い事や子供への接し方なども、軸が定まってきますよ。

 

今日も読んでいただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

おすすめの記事